Fraisier COLUMNフレジエコラム

縁起の良いおせち料理、意外と知らない由来と意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「まめに働く」「喜こんぶ」…意味を知って食べれば倍楽しい♪

重箱に詰まった、黒豆、伊達巻、栗きんとん、数の子…お正月の定番・おせち料理にはすべて意味があることを知っていますか? それぞれに込められた想いや意味を知り、良い年を迎えましょう!

おせち料理の由来

まずは「おせち料理」その由来から。

もともとは季節の変わり目とされる「節」に、神に供え物をし、宴を開くという宮中行事で用いられていた料理。

「御節供料理」と呼ばれたこの料理は、いつしか庶民の間にも浸透し、お正月の「おせち料理」として定着したのです。

昔の人々はおせち料理に、豊作や家内安全、子孫繁栄を願う意味を込められているそう。

おせち料理の献立と意味

おせち料理の代表とされる献立は家庭や地域によってさまざま。代表的なメニューと、それぞれの意味についてご紹介します。

黒豆・・・元気に働けますように!
「まめ」は元来、丈夫・健康を意味する言葉です。
「まめに働く」などの語呂合わせからも、おせち料理には欠かせない料理です。

数の子・・・子宝と子孫繁栄を祈る。
数の子はニシンの卵。二親(にしん)から多くの子が出るのでめでたいと、古くからおせちに使われました。

栗きんとん・・・豊かさと勝負運を願って。
黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理。
日本中どこにでもある栗は、山の幸の代表格で、「勝ち栗」と言って、縁起がよいとして尊ばれてきました。

昆布巻・・・日本料理の必需品、昆布で健康長寿を。
昆布は「喜ぶ」の言葉にかけて、正月の鏡飾りにも用いられている一家発展の縁起ものです。

えび・・・長生きの象徴。
えびは、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って正月飾りやおせち料理に使われます。

【まとめ】
おせち料理を入れるお重箱にも「めでたいことを重ねる」という願いが込められているそう。基本は四段重、正式には五段重だそうです。おせち料理は、年神様に供え、家族の幸せを願う縁起ものの料理。一年の初めにじっくり味わいながら、食べましょう。
フレル銀座 | 橋本 典子)

TOPへ戻る