Fraisier COLUMNフレジエコラム

あんな物まで綺麗になる!“激落ちくん”の正しい使いかた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
汚れが落ちるしくみから、“激落ちくん“を使っちゃいけない場所まで…徹底レポート!

洗剤いらず、こするだけで汚れが落ちる”激落ちくん”は知ってる方も多いと思いますが、いったいなぜそんなに落ちるのかご存知ですか?そして、不意な汚れや頑固な汚れの救世主・”激落ちくん”も、使い方を間違えると大変なことになる可能性も…。

“激落ちくん“はなぜ汚れが落ちるのか?

“激落ちくん”の材質はメラミンフォームというもの。メラミンは(非常に硬いプラスチック樹脂の名前)、フォームは(泡)。つまり激落ちくんは、メラミンというとても硬いプラスチックで出来た、目の細かい発泡スチロールのようなものです。

“激落ちくん“を使わない方がいいもの

激落ちくんは、しっかり落ちるので、何にでも使いたくなりますが、言ってみればとても目の細かいやすりのようなもの。当然使わない方がいいものもあります。

◎鏡
ガラス自体は激落ちくんよりも硬いのですが、コーティングをしている場合があるので、それが剥がれてしまうことがあります。

◎金、銀、銅製品
これらはメラミン樹脂よりも、柔らかいので傷付いてしまいます。特に銀はかなり柔らかいので、無数の傷が付いてしまうことも。茶渋がついたシルバーなどついつい“激落ちくん”で磨いてみたなりますが、間違っても使わないように注意しましょう。

◎プラスチック製品
“激落ちくん”のメラミンも樹脂プラスチックではありますが、食器やボックスなどに使われるプラスチックよりは全然硬いものです。なので、一般的なプラスチック製品を傷付いてしまう恐れがあります。こちらもやはり使わない方が良いでしょう。

【まとめ】
とても使える“激落ちくん”。マグカップの茶しぶや、お風呂場の汚れなどには劇的な効果をあらわします。使用方法をしっかり注意してより効果的に使っていきましょう!(決して“激落ちくん”の宣伝でも、回し者ではありません(笑))
レーヌ池袋 | 横田 未希)

TOPへ戻る