Fraisier COLUMNフレジエコラム

a0002_006737

3分でマスター!浴衣の正しい着付け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
実は間違っている人も多い、浴衣着用の豆知識
各地で花火大会や夏祭りが催される時期となり、浴衣姿の女性を見る機会も増えてきました。昔にくらべて、最近はバリエーションも豊富、価格も手軽に買えるようになってきたため、愛用者も増えてきていますよね。浴衣といえば、難しいのが着付け。ここでは、「意外と知らなかった!?」浴衣の間違った着方をご紹介いたします。
“右前”は右のたもとが前ではありません!
「えっと、浴衣は“右前”に着るんだよね…」そう言って、右の身頃を前に出して着ているかた! ちょっと待った! これはマナー違反です。 “右前”というのは、身体に近い側を“前”と呼ぶからです。右を上に重ねるのは“左前”で、これは死装束の着方です。一気に縁起が悪くなってしまうので気をつけましょう。
a0002_006737
裾の長さを短くしている
最近はひざ上丈の“ミニ浴衣”というものが登場しています。若い女の子が着ると確かに可愛いのですが、着丈(すそ)はくるぶしが隠れるぐらいが上品で美しい丈とされています。昨年までは短い丈を着ていた方も、今年は眺めの丈にチャレンジしてみては?
胸元がはだけないように衿を閉じている
和服の印象は首周りや胸元で決まります。はだけすぎてても、だらしない印象になりますが、ぎゅうぎゅうに引っ張って閉じるのもNG。窮屈な印象で見た目もかっこ悪くなってしまいます。では、美しく見せるにはどうすればいいのか?胸の下で衿合わせする時に、胸紐をしっかりと締めれば、胸元がはだけることがありません。また、衣紋(衿の後ろ)はこぶしひとつ入るくらいのゆとりを空けると美しいと言われています。
おはしょりがない
着物を腰のあたりで折り返した部分を“おはしょり”と言います。“おはしょり”が、帯の下から端がきれいに出ているか否かということも着物姿の美しさにつながります。もちろん浴衣の場合も例外ではありません。理想的な”おはしょり”の長さは5~6cm。着物自体の丈が長すぎると、おはしょりをきれいに出すのが難しくなるので、浴衣を身長に合ったものを選ぶようにしましょう。
【まとめ】
着物も浴衣も日本ならではの伝統ある文化。それだけに、正しく着て、浴衣美人を目指したいですね!!まだ浴衣を着たことがないかたも、ぜひ今年からデビューしてみてはいかがでしょうか?着付けの前にまつエクデビューも忘れずにね。まずはご予約のお電話から♪お近くのフレジエであなたさまをお待ちしております。
フレル銀座 | 末岡 麻衣)

TOPへ戻る