Fraisier COLUMNフレジエコラム

578091_515039618542558_1088648471_n

あなどれない!?散歩の効能あれこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気ままに歩いてカラダもココロもすこやかに!
「趣味は散歩です!」と胸を張って言える人っているのでしょうか。どうしても散歩ってお年を召した方の専売特許、みたいな雰囲気があって、人前で自慢するほどのものでは…としり込みしちゃうジャンルのひとつ。 でも、実はいろいろといいことたくさんあるんですよ!そこで今回はあなどれない、あなどっちゃうともったいない、散歩の効能をいくつかご紹介していきます。
朝の散歩は値千金!
まず朝日を浴びることで体内時計がリセットされます。そしてストレスが発散されます。ストレスは運動するだけでも発散されますが、朝日を浴びての散歩は癒しホルモンのセロトニンが多く分泌され、さらに発散できるそうです。セロトニンの効果は他にも、興奮を鎮め、心を安定させるといわれています。
五感が刺激される!
カラダを鍛える!という目的のウオーキングとは異なり、散歩は五感を駆使して周囲の環境を楽しみます。ふだん気づかない風景や場面に出くわすことも。脳を刺激したいならコースをまめにかえるのもいいでしょう。新たな環境下での散歩は脳に新鮮な血液を循環させ、老化を防いでくれます。
季節の移ろいに敏感に!
春夏秋冬、それぞれの街の顔つきが違うこともゆっくり歩く散歩だからこそ敏感にわかること。空の色、太陽、風、草木、家並みなどを眺めながら季節の変化を感じて歩くことが有効です。さらにおすすめなのが「ファッションを楽しむ」こと。季節ごとのお洒落も楽しみながら歩けば一石二鳥、三鳥ですね。
一般的には…
その他、一般的にいわれている散歩の効能としては、血流量と呼吸数が増え、心肺機能が強化される。心臓の循環機能が高まる。骨に負荷がかかるためカルシウム量が増える。体脂肪を消費できコレステロール値も下がる。動脈硬化を予防するHDL(善玉コレステロール)が増える。
フレジエスタッフの場合…
晴れた日はよくお散歩に出かけます。散歩と言っても、ぷらっとそこまでの時もあれば千葉からお台場まで歩いて行ったり。結構長い時間あるく事があります。私のお散歩は気ままに歩くのがテーマなので(笑)、 行き先も決めず、疲れた時は休んで、いいお店があれば寄って見たりできるのがとっても楽しいです。今の時代、迷っても携帯さえあれば大丈夫!(笑) 普段歩かない街や道へ行くと、色々な発見がありますよね。私が感動したのは知らなかったお花見スポットを見つけた時と普段なら百パーセント行かない場所で絶景の夕日スポットを見つけた時でした? 日ごろの運動不足も、お散歩なら楽に出来ますよね。ただし外に出る時は紫外線対策を忘れずに。
【まとめ】 たかが散歩とあなどるなかれ。考えてみればもっともお金をかけずに、無理をせずに、手軽にはじめられる健康法です。 ぜひ明日といわず今日からはじめてみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る