Fraisier COLUMNフレジエコラム

fs-mame1

「鬼は外、福は内!」豆まきの豆知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
豆は年齢の数よりひとつ多く食べるのが正解!?

2月3日の「節分」と言えば、一番に頭に浮かぶのは豆まき! 「節分」の由来は? 豆まきの正しい方法は? 今日は意外と知らない「節分の豆知識」について調べてみました☆

節分の由来と意味
昔は季節が変わる節目をさし、立春、立夏、立秋、立冬の前日に、一年に四回ありました。

ところが、立春は特に崇められたため、次第に立春のみを節分と呼ぶようになりました。

昔は、陰陽師によって厄払いの行事が行われたりしていましたが、室町時代以降、豆をまいて鬼を追い出す行事へと変わっていきました。昔は季節の変わり目には、邪気が入り込みやすいと考えられていました。豆をまくことで、豆の霊力によってその邪気を追い払うために行っています。
正しい豆のまき方

豆を三宝や、升に入れて神棚に上げ、夜、家の戸や窓を開けて、年男か、一家の主人が「福は内、鬼は外」と豆をまき、鬼を払い、すぐに窓を閉め、年の数だけ豆を食べます。節分の豆を年の数だけ食べると、その年は災害を免れる、病気にならず健康でいられる、升から自分の年の数だけひと掴みすると、縁起が良いと言い伝えられています。

豆まきのポイント

・まく豆は炒った豆

・「鬼は外、福は内」とかけ声をしながら豆をまく

・まく人は、主人か、その年の干支生まれの人

・まかれた豆を年、自分の数え年分(年齢+1)食べる

【まとめ】
今年の節分からは、しっかりと理由を頭に入れて「邪気払い」のために豆をまきましょう。日々、季節の行事を楽しみながら、丁寧に過ごしたいもの。指先や目元のお手入れも忘れずに。隠れ家的空間でみなさまの美のお手伝いいたします。
レーヌ池袋 | 横田 未希)

TOPへ戻る