Fraisier COLUMNフレジエコラム

1

ダークトーンの服を着ると根暗になるってホント?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あの有名タレントも実践!?洋服が与える色の心理効果

赤やオレンジは暖色と言われ暖かいイメージ、ブルーや紫は寒色と言われ冷たく寒いイメージ。色には様々な心理的効果があり、同じように、暗い色の服を着ると心がネガティブになるということを聞いたことがあります。 果たして本当に、暗い色はネガティブにさせるのでしょうか?

ダークカラーの色彩と心理の関係
暗い色は第一印象で地味だったり根暗なイメージを与えてしまうのは確か。 灰色、茶、黒当たりの色を身に付けていると、硬い、怖いという印象の悪いイメージを相手に植え付けてしまいます。

他にも、少し薄暗い部屋にいるととても落ち着きませんか? マッサージをうける部屋は蛍光灯で照らされた明るい部屋より、少し暗めの方がリラックスできます。 このように暗い系の色は心を静寂にさせる効果もあるのです。
ブライトカラーの色彩と心理の関係

では、逆に明るい色はどうでしょう? ファストフード店に行くと赤やオレンジなどの色彩が使われています。明るい色が人間の心理を活発にさせ、空腹を感じやすくさせるからです。気持ちが明るくなるし、ハッピーな気分にもなります。このように明るい色は人を興奮させたり元気にさせてくれます。

では暗い色の服を着ているとどうなるか?

海外で行われたある実験ですが、暗い色の服を着るチームと明るい色の服を着るチームの2つのグループを作り、ある期間分かれ生活してもらったところ……
暗い色の服を着たチームで過去の辛かった話を始めたらしく、ほとんどの人がネガティブマインドになっていたということが判明。
一方明るい色の服を着たチームではそのようなことはおこらなかったそうです。

このことからも、着る服が暗いと自然とマイナスな気分になりやすいことがわかります。
例えばタレントや歌手で大活躍中のベッキー。ベッキーはとても明るくハッピーというイメージがありますねそれもそのはず、ベッキーは暗い色を身に付けることを自ら禁止しているらしくいつもカラフルな服を好んで着ているそう。ベッキーのポジティブパワーは色から得ていると言っても過言ではありません。

【まとめ】
楽しい毎日を過ごしたいのなら明るい色が良いし、シックにキメたいのなら暗い色が◎。冬はついつい暗い色を選びがちになりますが、TPOに合わせたカラー選びでファッションも楽しみたいですね☆フレジエではカラフルなまつげエクステもご用意しております。アイシャドー代わりに、ピンクやブルーのエクステを楽しんでみるのもおススメです☆
アメリ渋谷 | 谷崎 文泉)

TOPへ戻る