Fraisier COLUMNフレジエコラム

本当に正しい基礎化粧品の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食品だけじゃない!化粧品に含まれる添加物の危険

洗顔料、化粧水、乳液…毎日のスキンケアをする基礎化粧品。あなたはどのように選んでいますか?効果?香り?それとも友達の口コミ?じゃあ毎日肌につけているその化粧品、何が入っているか、その成分を知っていますか?

肌を傷つける基礎化粧品
実は一般的に出回っている基礎化粧品は肌にあまり良くないものが大半。
スキンケアの為に使っているのに、その化粧品が皮膚に強い負担をかけているケースが少なくありません。美肌効果や保湿効果が期待できる美容成分も含まれていますが、同時に添加物もたくさん含まれています。こういった危険な現状を踏まえ、できるだけ化粧品に頼らない肌断食なんてアプローチも生まれたぐらい。

でもだからと言って、化粧水や乳液をまったく付けないというのも、現代の生活ではあまり望ましくありません。
肌に良い基礎化粧品とはズバリ…

添加物の多い化粧品ほど、危険。アレルギーや肌荒れなど、すぐに症状が現れる場合もありますが、蓄積された成分が後々悪い症状を引き起こす場合も。ということは、「無添加」の化粧品を選べばOK。でもここに大きな落とし穴が。「無添加化粧品」と謳うか謳わないかの判断は各メーカーの自由。基準もメーカーによって異なります。「無添加」と書いてあるから大丈夫と考えるのではなく、成分表示を見て自分で判断するのが一番安全。そのため、どの成分が安全で、どの成分が危険性があるものなのかの知識が必要です。おもな添加物をざっとご紹介すると…

注意したい添加物一覧
・合成界面活性剤
ひと言で言うと「肌に有効な成分を肌の奥へ通らせるために、肌表面のバリアを壊すもの」。クレンジングと洗顔料のW洗顔をしている人は要注意。どちらかひとつは界面活性剤の入っていないものを選びましょう。一方で乳液やクリームに入っているものはあまり気にしなくても大丈夫です。

・防腐剤・殺菌剤
化粧品は3年持つように、防腐剤や殺菌剤が入っています。肌への影響は少ないですが、なるべく少なく配合されているものを選びましょう。物によっては、植物に含まれる防腐作用を上手に利用している化粧品もあります。

・タール系色素
口紅の成分表に出てくる、赤色◯号 という成分。これはタール系色素を使っているということ。ベンゼンやトルエンという石油を原料とした成分が配合されており、アレルギーを起こす原因や発がん物質性の報告などがあります。

・紫外線吸収剤
UV対策の化粧品には、紫外線を吸収して肌へ届かないようにする紫外線吸収剤が配合されている場合があります。代表的なのはパラアミノ安息香酸エステルやオキシベンソンなど。これらはアレルギーを起こしやすいことが報告されています。
【まとめ】
「無添加化粧品」や「ナチュラルコスメ」、「オーガニック化粧品」とは名ばかりに合成材料を配合している化粧品は少なくありません。本当に無添加の化粧品が使いたい場合は成分表をよく見て選ぶことが大切。 今の効果はもちろん、何年先のことまで考えて選んでいきたいですね。フレジエのまつエクは自然な仕上がりもポイントのひとつ。ナチュラルメイクをさらに輝かせる効果もバツグン♡
アメリ渋谷 | 谷崎 文泉)

TOPへ戻る