Fraisier COLUMNフレジエコラム

ご存知でしたか!?目の下のクマには種類が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大きく分けて3種類。原因それぞれ、対処法もそれぞれ。

クマ、というとパッと思いつくのは動物。あとはリラックマなどのキャラクターでしょうか。なんとなくぼんやりと、かわいい生き物のイメージしか浮かんできません。しかし、目の下のクマはちっともかわいくありません。むしろ女子にとっては悩ましい存在です。

クマと言っても大きく分けて3種類あります
☆青クマ
…疲労や睡眠不足による血行不良で、血行をよくすることで解消できる。

☆茶クマ
…目元の色素沈着によるシミやクスミによるもの。ビタミンCの摂取や美白効果のある化粧水を使って改善することが効果的。

☆黒クマ
…皮膚のたるみが原因で、肌機能の衰えを緩和させることが大切。
何クマか見分ける方法

目の下を引っ張って薄くなれば青クマ! 目の下を引っ張っても薄くならなければ茶クマ! 手鏡を持ったまま上を向いた時に薄くなれば黒クマです!

青クマに効果的な食べ物はカシス

◎カシスにふくまれるカシスポリフェノールには短時間で血行を良くする効果があります。

◎茶クマに効果的な食べ物はレモンやアセロラなど、ビタミンCが多く抗酸化力が強いものがよい。

◎その他、うなぎはビタミンBが豊富で目元の小じわの回復に効きます。

目周りのマッサージも大切です

1)目の下を指で触ると、骨を感じる部分をその骨に沿って目頭側から目尻側に向け、数か所を中指で軽くプッシュする。

2)目尻まで押したら、仕上げにこめかみのあたりをジンワリと押さえる。

3)人差し指と中指を交互に」パタパタと動かして、目頭と目尻の間を何度か往復させる。

目元用の美容液やクリームを塗った後に行うのがオススメです!

【まとめ】
クマも意外と乾燥からくるものも多いので、クリームや美容液を塗る前の保湿も大事です。目の印象は顔の印象を大きく左右します。健康的なお目元でさわやかに過ごしたいものですね♪
アメリ渋谷 | 橋本 有紀子)

TOPへ戻る