Fraisier COLUMNフレジエコラム

B030

目的別で選びたい!全6タイプの化粧水ご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
化粧水はあらかじめきちんと自分のお肌にあったものを。
女性にとって化粧水は日々のお肌のケアにおける必須アイテム。
人それぞれ肌に合う合わないがありますが、いまあなたが使ってるお化粧水はちゃんとお肌にあった物でしょうか?そうはいってもなにを選べばいいのかわからない、というあなたに化粧水全6タイプをご紹介いたします。
B030
①保湿するための“一般化粧水”
パッケージにも普通に“化粧水”と記載されているもので、一般的に肌に対して保湿を行ってくれる化粧水です。基本はこれを使って保湿をしていくのが、スキンケアの基本になります。
②しみ・そばかす対策をする“美白化粧水”
この“美白化粧水”を使っているという方も多いのではないでしょうか?一般化粧水と同様に保湿効果のあるものも多いです。更にしみやそばかすにアプローチする成分が入っているので、通常の一般化粧水よりもお値段が高くなりがちです。
③化粧水の通り道をつくる“プレ化粧水”
こちらの化粧水は“導入液”と呼ばれることも多いもので、一般化粧水を肌により浸透させやすいように誘導してくれる化粧水です。したがって使用するタイミングとしては一般化粧水をつける前に使用します。
④肌の表面をひきしめてキメを整える“収斂(しゅうれん)化粧水”
こちらの化粧水の多くは、使用時にひんやりしたり、清涼感を感じることが特徴です。それは皮膚の温度やキメを整える作用をして、余分に出る皮脂をコントロールしてくれるからです。
小鼻まわりの皮脂の溜まりやすい所や、メイク直しに使用するのがオススメです。
⑤汚れを落とす“拭き取り化粧水”
このタイプの化粧水は、洗顔後に落としきれなかった汚れをふき取り、化粧水をなじませることで余分な皮脂などを落とし、次の化粧水の入りをよくするためのものです。プレ化粧水に似ていますが、こちらは汚れを落とすことで導入効率を高めるタイプになります。
⑥ひび、あかぎれに効果のある“アルカリ性化粧水”
長期的に使用するというよりは、本当にひびやあかぎれの治療に使用することが多いのが、このアルカリ性化粧水。基本の化粧水は弱酸性なのであまり目にすることも珍しいと思いますが、ひび、あかぎれで悩む方はチェックしてみてはいかがでしょうか?
【まとめ】
お肌の調子がいいと気分もいいですよね♪毎日のケアは自分のお肌に合った化粧水を!

TOPへ戻る