Fraisier COLUMNフレジエコラム

B022

無理せず楽しく健康なカラダに♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日の生活を見直して、できることから着実に
健康には運動がいちばん!ということはわかってはいても、つい時間がないとか、忙しいといった理由で先延ばしにしてしまいがち。でも日常生活をよーく見直せば、カラダのために良いこと、できるはず。
と、いうことで今回はできるだけふだんの生活を変えることなく健康なカラダを手に入れる方法をご紹介いたします。
運動は朝がベスト!
ダイエットや健康のために必要不可欠な“運動“。それも朝、運動をすることで日中脂肪を消費しやすくなるんです。だったら思い切って生活習慣を見直して、朝を運動の時間に決めてしまいませんか?せっかくやるなら効果が大きいほうがいいですもんね。そのためにはまず、早起き!無理のない早起き習慣の付け方としては1週間に30分ずつ寝起きする時間をずらし、1ヶ月かけて調整していくやり方です。
早起きできるようになったら、あとはどんな運動にするか。これも難しく考えず、ランニングでもいいしストレッチのようなトレーニングでもOK。運動前にお腹が空いている場合は100%のジュースを、運動後は牛乳や豆乳から良質なたんぱく質を摂取するのがおすすめ。もちろんミネラルウォーターなどで水分を摂取しながら行ないましょう。
B022
運動と食生活を組み合わせることで、より効果的に
「忙しくて外食ばかり」という方でも“丼もの”などの単品メニューより、定食のような品数が多いメニューを選びましょう。基本は一汁三菜。主食(ごはん)に汁物(味噌汁など)、おかず3種(主菜1品、副菜2品)が最もバランスが良いと言われています。また「コンビニでのお買い物ばかりになっちゃう」という方でも素焼きのアーモンド、枝豆、干し芋、100%の野菜ジュース、無添加甘栗などを選ぶようにすれば美肌にも効果的。できるだけ油脂が少ないものを選ぶようにしましょう。
通勤や通学中でも気軽にプチエクササイズが可能
有酸素運動の基本は歩くこと。だから一駅分は歩きましょう。特にお仕事帰りならデスクワークなどでむくんだ足の血流改善にもGood!通勤通学で自転車に乗る場合はつま先でこぐように意識すると、ふくらはぎや内腿が引き締まります。電車の方は座るより立っている方が脂肪が燃焼されます。その際かかとを上下に動かすのも効果的と言われています。オフィスでは超高層階でもない限りエレベーターを使わずできるだけ階段を。これもデスクワークの方にはおすすめですね。
【まとめ】
日々の生活の中で始められることはたくさんあります。一度振り返ってみて、できそうなものから少しずつ取り入れていくといいですね。続けていれば気づかないうちに理想の身体になっているかもしれません。
春になり暖かくなると、どんどん薄着になってくるので今からちょっとずつ…(笑)。
無理せず楽しく健康なカラダづくりを目指しましょう!

TOPへ戻る