Fraisier COLUMNフレジエコラム

湿気に負けない!ヘアスタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この季節、どうしても湿気が髪の敵に!
潤いは女子に大切なものですが雨の日の湿気ほど嫌なものはないですよね! どんよりした天気に負けないようにお気に入りの服を着ても湿気のせいで髪の毛が…なんてことは女の子なら誰しも経験してるはず。 鏡をみてテンションが下がっちゃう…ということがないよう、雨の日でもスタイルキープするためのコツを伝授致します!
まずは下準備のブロー
ちょっとめんどくさいですがドライヤーで根元を立たせてふんわりさせる、上から当ててキューティクルをとじてツヤを出す等のひと手間で変わってきます!また、巻く前には下地のスタイリング剤をつけること。 これは髪を傷まないようにするため、雨の日も晴れの日も関係なく大事ですよね。
巻く時は高温で短時間!
低温の方が傷まないと思いがちですが、なかなかカールがつかず長い時間温めるより高温で5~10秒程で一気にカールをつけた方がいいです。巻いた後はしっかり冷ましましょう。冷めてからほぐした方がモチがいいです。目安は巻いた時間の倍おいておくこと。コテを離した後、手をそえて支えながら冷ますとさらにモチUP!です。
仕上げのスタイリング剤はスプレーだけではなくワックスも
スプレーで固めるだけだと、逆に重くなりへたりやすいです。ワックスはソフト系とファイバー系をミックスするとなおよし!最後の仕上げに髪の毛一本一本にかける感じでスプレーを。あくまで軽くです。 ちょっとしたひと手間で今までとモチが変わるはずです?
アレンジする場合は逆に湿気を利用
アレンジする場合は逆に湿気を利用してふわふわニュアンスヘアーがおすすめです。根本的に湿気で髪が広がってしまうのは、乾燥してキューティクルが開いた髪に湿気が入り込んでしまうから。だったら最初から水分を多く含んでいればある程度抑えることもできます! 前日のトリートメントをしっかりして髪の毛に潤いを事前に与えておくのも大事ですよ。
【まとめ】 女の子に生まれたからには雨の日しか履けないレインブーツや雨と雫を掛けあわせたキラキラホロネイル、湿気に負けないヘアスタイルで梅雨を楽しくおしゃれに乗り切りましょう♪ (レーヌ池袋 | 羽田 まいこ)

TOPへ戻る