Fraisier COLUMNフレジエコラム

お風呂のシメは、冷水でキマり!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地味な…でも手軽な健康法、それがお風呂で浴びる冷水です!

なにもサウナとかだけじゃなくて。お風呂の最後にカラダに冷水をかける、なんて聞いたことはありませんか?実はこれ、れっきとした健康法なんです。代謝が上がるので風邪をひきにくくなったり、冷え性が改善されたり…意外なぐらいメリットが多かったりして。

疲労回復にも!?
冷水をかけると体がジンジンして来ると思います。それは体を温めようと、脂肪が燃焼している症状なんです。冷水シャワー浴びて体温が冷えると体は体温を戻そうと働くので、これをくり返す事によって基礎代謝が良くなります。

代謝が上がると、体が脂肪を燃焼しやすくなるので、エネルギーを消費するだけではなく太りにくい体質になれます。他にも代謝が上がるので、風邪を引きにくくなったり、冷え性が改善されたり、疲労回復にもつながるなど良いことづくめ!
上手な冷水の浴び方

まず、お風呂に浸かり体を十分温めます。これが温まっていないと意味がありません(当たり前か?)。

そして、冷水シャワー。足首手首→膝肘→太もも腕→体と、体の外側から内側にかけて行きます。もちろん、表だけではなく裏側も。いきなり首や体にかけてしまうのは心臓に良くないので気を付けてください。

各箇所10秒くらいが目安です。やり過ぎてしまうと、体を冷やし過ぎになり凝ってしまうので、さっとが重要です。その後、温めてしまうと何の意味もなくなってしまうのでタオルドライを。最初は慣れないかもしれませんが継続してくると慣れてきますし、気持ち良くなってくると思います!ぜひトライしてみて下さい♪

【まとめ】
美は健康の上に成り立ちます。まずはきちんと基礎代謝を上げて、すっきりスリムでウエルネスなカラダをつくりましょう。そうすることで目もとや指先のお洒落がいっそう引き立ちます。
レーヌ池袋 | 横田未希)

TOPへ戻る